NEDO STS事業に採択

AIを使い薬剤耐性菌問題の解決を目指す株式会社GramEye(本社:大阪府茨木市、代表取締役:平岡悠、以下「当社」)は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下NEDO)が実施した2021年度「研究開発型スタートアップ支援事業/シード期の研究開発型スタートアップに対する事業化支援(STS)」(以下NEDO STS事業)に関わる第3回公募において採択されたことをお知らせいたします。


この度調達した資金を活用し、グラム染色工程を自動化・迅速化・デジタル化するAI・ロボティクスソリューション開発及び、開発体制の強化、併せて人材の採用と組織拡大も図ってまいります。
より迅速かつ正確な検査結果を反映するシステムを構築することで、医療現場における負担を軽減するだけでなく、医師による適正な抗菌薬投与を推進し、ひいては世界的な薬剤耐性菌問題の解決に寄与するものと考えています。
■NEDO STS事業の概要
本事業は、シード期の研究開発型スタートアップ(以下「STS」(Seed-stage Technology-based Startups)という。)に対して投資を行うベンチャーキャピタルおよびシードアクセラレータ等(以下「VC等」という。)の我が国における投資及び支援活動を促進し、またその知見および支援機能を活用しながら、STSに対する事業の支援を行うものです。具体的には、VC等の認定と、STSの採択の2段階に分かれており、NEDOにより先に認定されたVC等からの出資意向確認書(または出資済みの報告書)を得ることを助成金の申請の条件としています。

助成率:助成対象費用の2/3以内

助成額:最大7,000万円まで

■採用について

当社では、現在幅広い職種で採用を実施しております。 詳細については弊社採用募集ページをご覧ください。

HP:https://grameye.com/recruit

Wantedly:https://www.wantedly.com/projects/854466

■会社概要

【会社名】株式会社GramEye (GramEye Inc.)

【設立日】2020年5月18日

【代表取締役/CEO】平岡 悠

【コーポレートサイト】https://grameye.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。